読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX口座、開設できました!+ログインしてみました!

こんにちは、あめ虹子です。

今回はヒロセ通商で口座を開設します。という記事の続きです。

無事に口座の開設ができました!

口座の審査があるので、心配したのですが、大丈夫でした。
(※ 審査については、こちらの記事に詳しく書きました)

時間がかかるかと思ったのですが、意外に早く、
申し込みの翌日にメールで、審査の通過と口座開設完了のお知らせが届きました。
そしてその翌日(申し込みの翌々日)にヤマト運輸セキュリティパッケージで
口座にアクセスするためのログインIDとパスワードが記載された書類が届きました。

これで晴れて、FXを始める準備ができました!
わくわくしますね!

口座の準備ができたということで、わくわくして、
早速口座にログインしてみることにしました!

FX口座にログイン

ログインするにはいくつかのツールがあるようです。

f:id:AmeNijiko:20170329125055p:plain

f:id:AmeNijiko:20170329125114p:plain

私は基本的に、MaciPhoneを使っているので、
ひとまず「Mac専用(インストール版)」と「iPhone専用アプリ」を
ダウンロードして使ってみることにしました。

それぞれ、ダウンロードして、ログインIDとパスワードを入れたら、入れました!

開いてみた感想としては、

  • どちらも情報量が多くて、何がなんだかわかりませんw
  • 数字やグラフが常に動いていて、目がチカチカしますw こんな感じですw

    f:id:AmeNijiko:20170329131446p:plain

    f:id:AmeNijiko:20170329131451p:plain

  • ただiPhoneアプリの方が今の私にはあってそう。

知識ゼロの私には、何をどうすればいいか分からず、わたわたしていたのですが、
ググってみたら、「デモ取引」というのがありました。

f:id:AmeNijiko:20170329130805p:plain

こちらは実際のお金を使わず、1分程度の登録で、ツールを使ったデモができるようです。

早速登録して、デモ取引でツールの使い方を学んでみます。

ではでは。

FXの本を買いました - 「一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門」

こんにちは、あめ虹子です。

先日から続いてる「1万円からはじめるFX 」のお話です。

色んなサイトを見て、FXについて勉強しようと思ったのですが、
FXや投資に関する知識ゼロの私には、初心者向けのサイトでも、わからないことがたくさん。

カタカナ用語についていけません。

ということで、1度、本を1冊読んで勉強してみることにしました。

今回私が買ったのは、「一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門」。 

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門

 

この本にした理由は、前回ヒロセ通商の口座開設を決めた時と同じく、
色んなサイトでおすすめされてたからです。

まだざっと目を通しただけですが、今のところの感想としては、

  • カラーかつ、絵が多くて、一見、読みやすそう。
  • ただカタカナ用語の説明がないものも多くて、
    知識ゼロ私の場合、ググりながらじゃないと理解できませんw
  • 表紙をよく見るとタイトルの右端に小さく「だけど本格派」て書いてありましたw
  • レビューによると、最初から全部理解する必要はなく、
    実践の中で、辞書的な使い方をすればよいそう。
  • 初版が2009年で、そこから内容がアップデートされていないので、
    例として出てくる話が古い。アップデートしてほしいですw

まあ、最初から全部理解するのは難しいので、
実際にFXをやりながら少しづつ理解していけたらいいと思います。

ではでは。

FX口座開設における審査って何?

こんにちは、あめ虹子です。

先日、ヒロセ通商で口座を開設します。という記事を書きましたが、
今日はFX口座開設における審査についてまとめてみたいと思います。

どの会社でも、FX口座を開設する際には、
申し込みの後に、審査という流れがあります。

会社側が、この人は口座を持つに値する人なのかというのを検討して、問題がなければ、審査に通る、
つまり、晴れて口座を開くことができます。 

FX口座開設の審査内容とは?

ヒロセ通商のHPには、審査内容は公開できませんと書いてあります。
私も色々調べてみましたが、他の会社でも審査内容は公開されてないようです。

こうなるとちょっと不安。

ただいくつかのポイントはあるみたいなので、まとめてみます。 

▼ FX口座開設の審査ポイント

1. 資産と投資予定金額の関係

f:id:AmeNijiko:20170329121440p:plain

例えば、資産(自分の持っているお金)が1万円で、投資予定額(FXで運用するお金)が1万円だとしたら、全財産を使ってFXをするわけですから、側から見ても不安ですよね。

投資予定額に対して、余裕のある資産を持っていることが重要のようです。

「私は貯金もそんなにないし、資産は多くないと思った」あなた、焦らなくても大丈夫です。

今は1万円からFXをはじめるられるので、投資予定額を低く設定すれば、資産が少なくてFXをすることができます。

ヒロセ通商の口座開設の時にも、投資予定額に関する項目がありましたが、選択できる最小投資額は「10万円以下」でした。

私も先日、1万円でFXを始めてみます。で述べたように、1万円からスタートします。

2. FXを投資だと理解している人

申し込みのフォームに投資目的についての項目があります。

f:id:AmeNijiko:20170329121136p:plain

ここで

  • 「リスクを許容し、大きなリターンを得たい」
  • 「リスクを一切考慮せずに取引したい

の2つを選ぶと審査に通りにくくなるそうです。

確かに、FXのリスクを理解していないのは少し心配ですよね。

3. 投資の経験があると有利

f:id:AmeNijiko:20170329121424p:plain

FXは金銭の投資だということをふまえて、FX以外の金融商品での投資経験があると
審査に対して有利に働くようです。

確かに、経験のない人より経験のある人の方が安心ですよね。

ただヒロセの場合は、HP上で「初心者の人でも大丈夫!」と書いてあるので、
投資経験がなくても、あまり問題にはならない気がします。

以上、FX口座開設の審査について、まとめてみました。

ではでは。

 

ヒロセ通商で口座を開設します。

こんにちは、あめ虹子です。

先日、「1万円でFXを始めてみます。
という記事を書きました。

FXを始める時にまず始めるべきは、口座の開設。

色々ググってみて、まずヒロセ通商で口座を開くことにしました。

hirose-fx.co.jp

理由は2つです。

1. 色んなサイトで、初心者におすすめの口座として紹介されていたこと。
2. ヒロセ通商のHPを見たら、マスコットのキャラクターがかわいかったこと。

はい、単純です。

実は口座は複数開設した方がいいようなんですが、
私の場合、たくさんの口座を持っても管理しきれないので、
ひとまずはヒロセ通商1つだけにします。

今回は初めてのFX口座の開設ということで、
口座開設の流れをこちらにメモしておきます。

私のように本当にゼロからFXを始める人の助けになればいいなと思います。

ヒロセ通商口座開設の流れ

1. ヒロセ通商のHPから新規口座開設の申し込み画面へ。

2. 「事前説明書」、「交付書面」を確認し、同意。
色々、難しいことも書いてありましたが、今後のことも考えて、一読しました。

f:id:AmeNijiko:20170326234355p:plain

3. 「米国への納税義務に関する確認」について、あてはまるものを申告。
基本的には、みなさん日本人国籍、日本在住だと思うので、
その場合は「いいえ」を選択します。

f:id:AmeNijiko:20170326234601p:plain

4. 「基本情報」、「勤務先情報」、「連絡先指定」を記入。
このあたりは、あまり難しくないです。

5. 「資産状況について」、「投資経験等お取引の有無」を記入。
このあたりは、さすがFXだなと思いました。

f:id:AmeNijiko:20170326235045p:plain

6. 「お取引金融機関」を登録。
FXを始めるにあたって、お金の出し入れのための銀行口座が必要です。
私は自分の持っている口座の情報を入力しました。

f:id:AmeNijiko:20170326235229p:plain

7. アンケートに答える。
-「投資目的について」
-「当社をどのようにお知りになりましたか」
-「取引先を決めるポイント」
の3つのアンケートがありました。
自分が一番近しいものを選択すれば大丈夫です。

8. 「本人確認書類の種類」、「マイナンバー(個人番号)確認書類」について、選択。
私は運転免許証とマイナンバー通知カードを選択しました。

f:id:AmeNijiko:20170326235613p:plain

9. 「書類の送付方法を選択」
FXの口座開設のためには、どこの会社であっても
本人確認書類とマイナンバー確認書類を提出する必要がります。

色々な方法がありますが、私は画像添付を選択しました。
スマホで撮影した上で、PCに転送して、アップロード。

メール、郵送、FAXなどの手段だと、
本来の宛先でないところに誤送してしまう可能性があるので、
アップロードが一番いいみたいです。

f:id:AmeNijiko:20170326235800p:plain

10. 「口座開設にあたっての確認事項」を確認して、同意。

f:id:AmeNijiko:20170327215642p:plain

以上が、口座開設のための申し込みの流れになります。

基本的には、5分くらいで終わりました。

この後の流れとしては、FX会社側の審査があって、その審査に通過すると、
取引口座(画面)にログインするためのIDとパスワードが郵送で送られてくるそうです。

審査については私もよくわからないので、一度調べて、
またこちらに書きたいと思います。

ではでは。

1万円でFXを始めてみます。

こんにちは、色んなことに挑戦したい気分なあめ虹子です。

最近は、少し時間の余裕があることで、このブログを始め、
色んなことに手を出したい欲求があります。

今回は、昔から興味のあったFXに手を出してみようと思います。

FXとは?

FXは「Foregin Exchange」の略称です。
日本語では「外国為替証拠金取引」と言います。

日本語での名称が理解の取っ掛かりになるのですが、
一定の証拠金を元に、ドルやユーロを始めとした外国為替を売買するのが、FXです。

例えば、日本円を使って、ドルを買って、
ドルの値段を買った時よりも高い値で売れれば、その分の差額を
利益として受け取ることができます。

ただ実際のやり取りはこんなにシンプルに行くわけではないですが。

FXについて、もっと知りたい方は、こちらのマンガを読んでみてください。

info.finance.yahoo.co.jp

あめ虹子とFX 

今回、FXを始める理由は、お金を稼ぐよりも、
FXを通してお金の動きや経済の動きを勉強することにあります。

私は海外に行くことが多くて、既に20ヶ国以上の国を訪れてます。
海外に行く時に必ず必要なのが、「両替」。
例えば、アメリカに行くなら、円をドルに交換しないといけないわけですが、
その時には少しでも得をしたいですよね。
私は複数の両替ショップを見て、レートのいいところを探したりします。

加えて、1つの国に2回以上行く、
例えば、2015年8月と2016年8月にアメリカに行くために円をドルに両替すると、
レートに差があって、1万円で受け取れるドルの額が違ったりして、
そういうところから、為替に興味を持ちました。

わざわざFXをやらなくても、勉強できるじゃん!と思われるかもしれませんが、
私は実践と経験から学ぶタイプの人間なので、FXを始めることにします。

といっても、最初から大金を使ってFXを始める勇気はないので、1万円から始めます。

このブログでも、FXを通じた私の学びについて書いていけたらいいなと思います。

ではでは。

数独をはじめました。

こんにちは、あめ虹子です。

TEDで アーサー・ベンジャミン: フィボナッチ数の魅力という動画を見て、
数字を使った頭の体操がしたい思ったので、数独の本を買いました。

ハードナンプレ THE BEST 37 (晋遊舎ムック)

数独とは?

数独は1〜9の数字と9つの3×3マスを使ったパスルです。

基本的なルールは2つあります。

  • 空いているマスに1〜9の数字のうちどれかを入れます。
  • 太線で囲まれた3×3のブロック内、縦のライン、横のラインで数字の重複があってはならない。 

あめ虹子と数独

数独は中学生時代にもはまっていたことがあり、ある程度なれているので、
今回は難易度の高い本を買ってみました。

ただやはり難易度が高いことがあり、1題を20〜30分程度で解いています。

じっくりと全問を解いていきたいと思います。

ではでは。

読んだ|「ブラザー・サン シスター・ムーン」恩田陸

こんにちは、あめ虹子です。

今日も、最近読んだ本を紹介します。

ブラザー・サン シスター・ムーン (河出文庫)

アマゾンの紹介文はこちら。

本と映画と音楽……それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。
「大学」という特別な空間を初めて著者が描いた、青春小説決定版!
単行本未収録・本編のスピンオフ「糾える縄のごとく」&特別対談収録。 

初めて恩田陸さんの本に触れたのは、学校の読書感想文を書くために読んだ「夜のピクニック」でした。

夜のピクニック (新潮文庫)

 

あめ虹子の感想

自分の大学生活を思い出しながら、読みました。

短編小説もいいのですが、やっぱり「夜のピクニック」のような長編小説を読みたいと思います。

ではでは。