読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やりたくないことリスト」のすすめ(2017.3.12)

こんにちは、あめ虹子です。

先日、やりたいことが見えてくる「夢100リスト」のすすめという記事を書きました。

やりたいことを明らかにする一方で、やりたくないことを明らかにすることも大切だと思います。

そこで今回は私のやりたくないことリストを紹介したいと思います。

あめ虹子のやりたくないことリスト

  1. 満員電車にのる
  2. 空気の汚いところに住む
  3. お金の心配をする
  4. Judgementalな環境に身を置く
  5. バスタブのない家に住む
  6. モノがいっぱいの生活をする
  7. 自分と他人を比べる

ではではー。

TED | マット・カッツの30日チャレンジ

こんにちは、あめ虹子です。

今日もTEDから、1つの動画を紹介したいと思います。

今回の動画

今回紹介したいのは、マット・カッツ氏の
「マット・カッツの30日チャレンジ」です。

www.ted.com

Is there something you've always meant to do, wanted to do, but just ... haven't?
Matt Cutts suggests: Try it for 30 days.
This short, lighthearted talk offers a neat way to think about setting and achieving goals.

今までやってみたかったことに、30日間挑戦してみよう!
この動画は、短く、シンプルですが、
目標の設定と達成のための素敵なアドバイスが示されています。

動画のポイント

  • マンネリな日々を変えたくて、モーガン・スパーロックに倣ってみた。
  • 何か新しいことに「30日間」挑戦すること。
  • 30日は、何か新しいことを始めたり、今行っていることをやめたりするのにちょうどいい。
  • 学んだこと
    1. 日々が過ぎ去っていくのではなく、記憶に残る
    2. 自分に対する自信がつく
    3. 何かを本気でやりたいと思うなら、30日間でなんでもできる
    4. 小さな持続可能な変化は習慣になる
  • あなたが好む好まざるによらず、次の30日間は過ぎていく。
    「あなたは何を待ってるの?」

30日チャレンジの例

  • 自転車で職場へ行く
  • 1日10000歩、歩く
  • 1日1枚写真を撮る
  • 小説を書く
  • テレビを見ない
  • 砂糖をとらない
  • Twitterをやらない
  • カフェインをとらない

さいごに

私はこの30日チャレンジを意識しながら、
今、モーニングページを続けています。

小さな持続可能な変化は習慣になるというのは、
このブログや私の生き方にも繋がります。

この動画は今後も繰り返し見たい動画です。

ではでは。

読んだ|「Nのために」湊かなえ

こんにちは、あめ虹子です。

今日は、最近読んだ本を紹介したいと思います。

「Nのために」湊かなえ

Nのために (双葉文庫)

ドラマ化もされて、一時期話題になった本だと思います。

私は、本を読んだこともなければ、ドラマを見たこともなかったのですが、
なんとなく気になっていたので、今回、読んでみました。

アマゾンの紹介文では、以下のように書かれています。

超高層マンションの一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。
現場に居合わせたのは20代の4人の男女。
それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。
著者初の純愛ミステリー。 

あめ虹子の感想

ラストに近づくにつれて、それぞれの立場から描かれる真実がわかっていく。
その過程で描かれる、それぞれの歪んだ愛の形が面白かったです。

ただ1度読んだだけだと、見逃している細部の部分がたくさんある気がするので、
近いうちにもう1度読みたいと思います。

ではではー。

未来を開く朝の時間 - 「モーニングページ」を始めてみた。

こんにちは、あめ虹子です。

最近は、日が長くなってきているので、落ち着きます。

もやもやしている自分を脱却したいと思って、ネットをぐるぐるしていたところ、
「モーニングページ」というのを発見しました。

まだ始めて1週間程度ですが、なんとなくいい感じなので、
今回はこの「モーニングページ」を紹介したいと思います。

1.「モーニングページ」とは?

モーニングページは、朝起きて、頭の中にあることをノートに書き出すことで、
理想の自分に近づけるというもの。

ジュリア・キャメロンさんの「ずっとやりたかったことをやりなさい」
という本で、紹介されて、注目されています。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ちなみに、私はまだこの本を読んでいないのですが、
読んだ人の評価はすごくいいみたいです。

2. 実際、どうやるの?

基本的には頭の中のあることを書き出すだけなので、簡単ですが、
いくつか気をつけるべきことがあります。

用意するもの :
- ノートブック
- ペン
- 朝の30分

気をつけるべきこと :
- 毎朝、3ページ書く(3ページ分を文字で埋め尽くす)
- 何も書くことがない場合は、「何も書くことがない」と書けばOK
- 他人には見せない
- 自分自身も開始してから最初の2ヶ月は書いたことを読み返さない
- 3ヶ月目に突入したら、過去2ヶ月間に書いたことを読み返してよい
- 頭の中にあるすべてのことを迷いなく書き出す
(うまくいかないこと、不安なこと、ネガティブなことをすべてさらけ出す)

3. どんな効果があるの?

私は最初に述べたように、まだはじめて1週間程度なので、
どんな効果があるのか明言することは、難しいですが、
モーニングページを続けている方を見ると、以下のような効果があるようです。

- 頭がスッキリする
- 発想力が豊かになる
- 素直になれる
- ありのままの自分を受け入れられる
- 自己肯定感が増す

4. あめ虹子的モーニングページ

実は、私は、 基本に沿ったモーニングページのやり方をしていません。
以下の2点について、ハードルを下げて、取り組んでいます。

- 書くのは1ページ
- 朝書けない時は、空いた時間に書く

無理に自分を縛って、続かないのが嫌なので、
とにかく毎日何かを書く、ということを意識しています。

ひとまずの目標は、この先2ヶ月間モーニングページを続けること。
その上で、どんな変化があったか、またブログに書きたいと思います。

ではではー。

TED | 人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から

こんにちは、あめ虹子です。

TEDで動画を見ることにはまっています。
世界の英知が得られるとともに、英語の勉強にもなるので、おすすめです。

このブログでは、私の見た動画のうち、
おすすめのものや印象深かったものを紹介していこうと思います。

今回の動画

今回紹介したいのは、ロバート・ウォールディンガー氏の
「人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から」です。

www.ted.com

What keeps us happy and healthy as we go through life? If you think it's fame and money, you're not alone – but, according to psychiatrist Robert Waldinger, you're mistaken. As the director of a 75-year-old study on adult development, Waldinger has unprecedented access to data on true happiness and satisfaction. In this talk, he shares three important lessons learned from the study as well as some practical, old-as-the-hills wisdom on how to build a fulfilling, long life.

私たちの人生を幸福で、健康的なものにするのは、名声やお金ではありません。
彼は75年に渡る幸福の研究から、3つの学びを紹介します。

動画のポイント

  • ハーバード大学では、1938年から75年間に渡って、724人の人生を追跡して研究。
  • その内容は、仕事、家庭、健康など、多岐に渡る。
  • この研究を通じてわかったことは、
    「良い人間関係が、私たちの人生を幸せで健康的なものにする」
  • 1. 周りとの繋がりは健康に良く、孤独は有害。
  • 2. 身近な人と親密な関係を保つことが重要。
     友人の数や結婚の有無は関係ない。
  • 3. 良い人間関係は、身体だけでなく、脳も守る。

今日からできることは?

  • スクリーン(PC、携帯)ではなく、人と向き合う。
  • パートナーと新しいことを始める。(夜の散歩とか)
  • 長らく連絡をとってない家族に連絡する。

さいごに

本人も動画の中で言っていますが、
「良い人間関係が、私たちの人生を幸せで、健康的なものにする」というのは、
自明のように思います。

ここで考えるべきは、「どうしたら良い人間関係が築けるのか?」という問い。

今後は、この点についても、学んでいきたいと思います。

ではではー。

あめ虹子の「夢100リスト」(2017.3.7)

こんにちは、あめ虹子です。

先日、やりたいことが見えてくる「夢100リスト」のすすめという記事を書きました。

今回は私が新たに作った夢100リストを紹介したいと思います。

と言っても、見てもらえればわかりますが、100個ありませんw

ただ、わくわくしない夢を持っても、
意味がないと思うので、今はこのままで。

新しいものが見つかったら、その都度、追加したいと思います。

あめ虹子の夢100リスト

  1. 富士山に登る。
  2. 多摩六都科学館で世界一のプラネタリウムを観る。
  3. 屋形船で花火を見る。
  4. 着物で京都の街を歩く。
  5. ひまわり畑を走る。
  6. 屋久島で自然を感じる。
  7. イギリスの大英博物館に行く。
  8. パラオに行く。
  9. オーロラを見る。
  10. カッパドキアで気球に乗る。
  11. ハーモニー・オブ・ザ・シーズで船の旅を楽しむ。
  12. パスポートの全ページをスタンプで埋める。
  13. 海外の大学院で勉強する。
  14. 中国語を日常会話レベルにする。
  15. フルマラソンを完走する。
  16. ヨガマスターになる。
  17. モーニングページでノートを1冊使い切る。
  18. 50人の自伝を読んで、人それぞれの生き方を学ぶ。
  19. 本を1000冊読む。
  20. ブラックカードを持つ。
  21. 収入源を3つ以上持つ。
  22. 株主優待券で暮らす。
  23. 人生のパートナーを持つ。
  24. 子供を持つ。
  25. 鎌倉に家を持つ。
  26. ケーキを作る。
  27. お洒落なバーで、1人お酒を嗜む。
  28. 鎌倉の長谷寺で、写経をする。
  29. ファーストクラスに乗る。
  30. ホームパーティーを開く。
  31. 自分の生まれた日の新聞を読む。
  32. 油絵を描く。
  33. 茶道を嗜む。
  34. 野菜を作る。
  35. ボルダリングに挑戦する。
  36. 食器を手作りする。
  37. 本を出版する。
  38. 母校で講演をする。
  39. 東京オリンピックに貢献する。
  40. 海辺に人が集まるカフェを持つ。
  41. 日本の英語教育に携わる。
  42. 世界中の美しいものを集めた美術館を開く。
  43. 東京都知事になる。
  44. 日本を代表する女性として、メディアに取り上げられる。
  45. ONE OK ROCKに会って、感謝の気持ちを伝える。
  46. 誕生日に胸いっぱいの花束をもらう。 

ではではー。

やりたいことが見えてくる「夢100リスト」のすすめ

こんにちは、あめ虹子です。

今日は「夢100リスト」を紹介したいと思います。

1. 「夢100リスト」ってなに?

夢100リストは、シンプルに、自分の夢を100個書き出したリストです。

私は単純に「夢100リスト」という呼び方が好きなので、こう呼んでいますが、
夢というとハードルが高くなってしまうので、
やりたいことのリストと考えてもらえば、OKです。

リストを作る過程で、自分のやりたいことが見えてきます。

私が夢100リストに出会ったのは、10代の頃です。
いくつかのブログで、色んな人が夢100リストを公開しているのを見て、
私も作ってみました。

最初のうちは、30個くらいで止まってしまって、
色んな人の夢100リストを見て、夢をパクったり、
時間をおいて考えたりして、100個に到達することができました。

今、見返すと、その時に書いた夢のうち3割程度が、実現しています。

例えば、、、

  • 車の免許をとる
  • 海外で暮らす
  • シェアハウスをする

2. リストを作る時のコツ

自分の夢、やりたいことを書き出すだけなので、簡単といえば簡単なのですが、
私の場合は、何度かつまずきましたw

そこで私がリストを作る中で学んだコツを紹介します。

1. 最初は、手書きがおすすめ。

リストができた後、最終的に管理するのは、デジタルの方がいいかもしれません。

ただリストを作る時は、「手書き」をおすすめします。

手を動かすことで、やりたいことが出てきやすくなると思います。

2.「できるかできないか」は気にせず、自分の気持ちに素直になる。

「ブロンド美女と付き合い!、けど、無理だと思う。だから、リストに書くのはやめよう。」

こういう思考を持つことがあります。

ただこのリストを作る意味は、
自分に素直になって、やりたいことと向き合うことだと思います。

10年後、20年後、30年後に、社会や自分がどうなってるかなんて、
誰にも想像できません。

誰に見せるリストでもないので、自分のやりたいことを目一杯書きましょう。

3. 断定形で書く。

「月に行きたい」ではなく、「月に行く」。

断定系で書く方が、意志がこもります。

4. 無理して100個にしなくていい。

もし夢ややりたいことがどんどん出てくるなら、
それをどんどん書き出しましょう。

ただもしリストが100個にならないことにストレスを感じるようなら、
無理して100個にしなくていいです。

わくわくしない夢ややりたいことを持っても、意味がない。

リストはひとまずそこで止めて、新たな夢ややりたいことが見つかった時に、
その都度、追加しましょう。

5. Have/Do/Beに分けて考えてみる。

[Have]
欲しいものはなんだろう?
- 自分に身につけるもの
- 家にかかわるもの
- 仕事にかかわるもの
- 趣味にかかわるもの

[Do]
1日暇な時間があったら、やってみたいことはなんだろう?
- 食べたいものはある?
- 見たい映画はある?
- 読みたい本はある?
- 聴きたい音楽はある?

過去にやってみたかったことで、今も気になってることはある?

[Be]
憧れてる人やいいなと思う人はいる?
どういうところに憧れてる?

6. 色んな人の夢100リスト、やりたいことリストをパクる。

リストが進まない場合は、ネットで公開されてる
「夢100リスト」、「やりたいこと」を見て、いいと思ったものをパクるのがいいです。

他の人のリストを見る中で、「これ面白そう!」とか「あ、こんなことも書いていいんだ!」
という発見を得られます。

3. さいごに

みなさんもゆっくりでいいので、ぜひ夢100リストを作ってみてください。
自分のやりたいことが見えてくるはず!

ではではー。